美味しい讃岐うどんについての情報を公開しています。

さぬきうどんの特色

さぬきうどんならではの特徴

さぬきうどんならではの特徴をこちらでは挙げてみたいと思います。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスと言えば「さぬきうどん」というぐらい有名ではないでしょうか?(勝手な解釈)
近年のさぬきうどんブームが起こったことにより,さぬきうどんのお店が全国各地で開店し,それこそ日本のどこの場所でも、さぬきうどんを食べることができるようになってきました。通販でうどんを買う方も好くなくないと聞いています。
ですが、うどんという料理はさぬきうどん以外にも,全国で名物のうどんは多数存在しているのにもかかわらず,どうしてさぬきうどんがここまでブームになったのか分析して見ると、その秘密はさぬきうどんの特徴にあると思います。


まず最大の特徴は何と言っても「安さ」ではないでしょうか。香川県内のさぬきうどん屋さんで「きつねうどん」を頼んだ場合,平均でだいたい350円ぐらいで、うどんの玉を大にしても大体100円アップぐらいだから450円ぐらいです。
現在の不況では昼食代金を高くすることが厳しい状況です。しかしさぬきうどんだと、500円持ってうどん屋さんに行くと,午後からの仕事にも充分耐えられるほどおなかいっぱいになることができるのです。
このコストパフォーマンスの凄さから,全国チェーンのさぬきうどんのお店が全国に開店したわけですから,流行らないわけがないでしょう。このようにさぬきうどんは全国的なファーストフードとして定着しつつあります。

メニューの豊富さ

次にさぬきうどんが他の県の名物うどんと異なる特徴としては,メニューの豊富さが挙げられると思います。
さぬきうどんの全国的に出店しているチェーン店の主なやり方は、カウンターでうどんを注文して,うどんを受け取り,好きなトッピングなんかを取って精算するという形のお店が多いです。油揚げを取ればきつねうどんになり,えび天を取ればえび天うどん,ちくわの磯部揚げを取ればちくわ天うどんというように,自分の選択次第でメニューは無限に広がりをみせます。
さらに基本となるうどんの種類も、かけうどん,ぶっかけうどん,ざるうどん等など選べるので、毎日通い続けたとしても前とおりのメニューを制覇するまで長い道のりになります。
これだけメニューが豊富に選べるということは、飽きがきにくいということにもなり、値段の安いということもあり、さぬきうどんのお店が全国的に流行り,讃岐うどんの全国的な知名度を上げる一つの大きな特徴だと言えるでしょう。
香川県に沢山のうどん屋さんがあるのですが、どの店も商売として成り立っている理由は、その店独特のメニューがあったりするのかもしれません。

ボリューム選択の自由

ボリュームの選択の自由も、さぬきうどんの特徴でしょう。例えば定食屋さんに行って、定食のボリュームを変更したくてもご飯を大盛りにするぐらいではないでしょうか。
牛丼は多少選択の種類が増えますが、並盛りか大盛りか特盛りかというように、やはりご飯やお肉の量を増やすことぐらいがせいぜいだと思います。しかし,さぬきうどんのお店では,まずうどんの量が選べます。
1玉が小なのは各店共通(たまに例外あり)ですが,店によっては1玉半が中,2玉が大となったり,2玉が中,3玉が大となったりするものの,大体どの店も小,中,大,特大ぐらいまでは、うどんの量が選べます。
さらにボリュームを微調整するのに大事なのが,おむすびやいなり寿司などのご飯ものでしょう。
つまり「今日のおなかの空き具合だと,2玉とおむすび1個かな」とか「1玉半とおむすび2つかな」とか,おなかの空き具合によって,ボリュームを自由自在に選択できるのです。定食だとおかずの量が決まっているので、足りなかったり、逆に多すぎたりしてしまうでしょう。

トップへ