美味しい讃岐うどんについての情報を公開しています。

さぬきうどん店舗形態とお土産

無数に存在するさぬきうどんの店舗

無数に存在するさぬきうどんの店舗ですが、大きく分けて三つの店舗形態に分けられます。
その店舗形態によって、注文、配膳、勘定支払いの手順・方法が変わってきますので、それぞれのお店に合わせるようにして下さいね。

店舗形態

一般店
他地域でのうどん店と同じで、注文は店員から取りに来て配膳もするので、身構えるようなことは特になくファミリーレストラン感覚で振る舞えば大丈夫です。会計はほとんど後払い。
セルフサービス
店員にメニュー(麺の状態)と麺の分量、熱いのか冷たいのか等を先に注文する。
自分でだしをかけたり、具を取ったり、時には自分で湯がいたりする。食後は丼を所定の位置に返す。
薄利多売で多数の客を捌くことを前提にしているので会計は先払いが多い。
製麺所
食堂やスーパー、病院などへの卸を主体とする業者が作っている工場に食堂を併設した形態で、業者といっても家庭内手工業的なところも多い。
注文以下の方法はセルフと同じ。
製麺業が主体で食堂に重点をおいていないので、多数の客を想定していないことが多い。それゆえ意外に認識されていないが会計は後払いが主流。

お土産うどん

讃岐うどん巡りやツアーのお土産にはなんといってもうどんでしょう。自分が食べたうどんを家族にも食べてもらう思いになることでしょう。そこでうどん店で買えるお土産の種類をまとめましたので、目的に合わせて買っていきましょう。

お土産のうどん麺

生麺
基本的には店で茹でる前の麺と同じものなので、包装は簡素な場合が多い。
冷蔵しても長くて一週間と日持ちはしないですが、家でお店の味と同じものが食べられるのが魅力。
せっかく現地に行ったのだから生麺を買っておきたい。
日持ちが短くても失礼にあたらなく、気のおけない人への贈答品にはズバリコレがベスト。
(豆知識)クーラーバッグを持参すると風味が落ちない。
準半生麺
2週間〜1ヶ月程度と生麺よりも日持ちすることを目的として、製造段階で加水率を調整したり、酒精や酸味料を添加して日持ちできるようにしたもの。
すぐには食べられない場合はこちらを選択しましょう。
買う側にしてみれば半生麺とも区別はつきにくいですが、特に半生麺を製造する側の意向で作る側はそう呼ばない。「純生うどん」と称して売られるのをしばしば目にするのですが、ここでは敢えて「準半生麺」と呼びます。
半生麺
水分を多少飛ばした麺。一度生麺として作ったものを冷風乾燥させる製法によって完成したものこう呼びます。
常温で1〜3ヶ月と日持ちがよく、すぐではなく、かなり先に食べたい場合や讃岐うどんを保存食にしたい場合はこちらの選択がベスト。店によっては別の製麺業者などによる委託生産の場合もある。
だし、醤油
店で使用しているだしをパックしたものや、店特製のうどん用醤油。
店と全く同じものにこだわるならこちらも重要です。
また醤油メーカーからも讃岐うどん用の醤油やだしが販売されている。

トップへ